オレコレ攻略速報|週刊少年ジャンプ オレコレクション!攻略・まとめ速報

788Preview

参戦予想作品紹介:DEATH NOTE

ここでは、今後参戦が予想される作品の中からDEATH NOTEをご紹介します!

DEATH NOTEってどんな作品?

2003年から2006年かけて連載されていた作品。累計発行部数は3000万部を突破し、アニメ化、実写映画化、テレビドラマ化、舞台化など多くのメディア展開を果たしている。
名前を書くことで対象の人間を殺すことのできるノートを拾った主人公の「夜神月」と、ノートを持つものを突き止めるために呼び寄せられたもう一人の主人公である「L」の壮絶な頭脳戦・心理戦を描いた漫画。

登場しそうなキャラクターは?

夜神月

本作品の主人公で、容姿端麗、頭脳明晰と才能の塊とも言うべき人物。名前を書くことで対象の人物を殺すことができるデスノートを手に入れたことで、デスノートの力を使って腐った人間を消して理想の世界を作りたいと考えるようになる。自身の目的を達成するためならば犠牲は厭わない性格で、極度の負けず嫌いでもある。

本作品のもう一人の主人公で、世界一の探偵とも言われる人物。過去に世界の迷宮入り事件をいくつも解決しており、全世界の警察を動かすことのできる唯一の存在。頭脳だけでなく行動力にも優れており、自身の危険を顧みず容疑者との接触に乗り出すことすらある。月と肩を並べるほどの負けず嫌いで、甘いものが大好物。

登場しそうな名シーンは?

計画通り

Lによって追い詰められた月があまりにも大胆な作戦を計画し、それを見事に成し遂げた際の一コマ。1ページ丸々が使われたコマで、そのインパクトに加え語感の良さや顔芸から、後に色々なパロディネタが作るほど有名になったシーン。

私はLです

自ら容疑者である月の在籍する大学に潜入捜査を試みたLが先手を打って放った一言。このたった一言により月は行動を大きく制限されることとなった。Lの天才性を感じさせるシーン。

登場しそうな必殺技は?

DEATH NOTE

作品のタイトルにもなっている「名前を書くことで対象を殺すことができるノート」。本来は死神の持つノートなのだが、退屈した死神の戯れで人間界に落とされた。
必殺技として出た場合には、確率で即死効果が付与される技になるかもしれない。

まとめ

正義のヒーローではなく悪が主人公であるという設定や、スリリングな展開から大きな話題を呼んだ作品です。
漫画の連載終了後にも関わらず様々なメディア展開がされていることからも、その人気っぷりが伺えます。
キャラの登場だけでなくイベントでどのような演出が見られるかも気になる作品なので、是非参戦して欲しいですね!
【事前登録】ヴァイタルギア
美少女×3D車体リアルタイムGVG!
人気web漫画『ヴァイタルギア』がスマホゲーム化!!
最大20対20で行われるリアルタイムのギルド戦や、3Dギアによる迫力満点のバトルは必見!
事前登録で総額100万円相当のプレゼントが当たるキャンペーンも実施中!
まずは公式サイトをチェックしよう!


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ