オレコレ攻略速報|週刊少年ジャンプ オレコレクション!攻略・まとめ速報

835Preview

参戦予想作品紹介:ヒカルの碁

ここでは、今後参戦が予想される作品の中からヒカルの碁をご紹介します!

ヒカルの碁ってどんな作品?

1999年~2003年に週刊少年ジャンプで連載された作品。
主人公である少年「進藤ヒカル」が、平安時代の天才棋士「藤原佐為」の霊に取り憑かれたことをきっかけに碁の道に目覚め、ライバルとの出会いや棋院の仲間との切磋琢磨、そして別れを経て成長していく様を描いている。
碁をテーマにした漫画は非常に珍しく、碁というテーマ自体が若い層には馴染みが薄いものであった。しかし、その練り上げられたストーリーや美麗な作画からみるみる人気を獲得し、爆発的な囲碁ブームを巻き起こした。
累計発行部数は2500万部。

登場しそうなキャラクターは?

進藤ヒカル

本作品の主人公。平安時代の天才棋士「藤原佐為」の霊に取り憑かれたことで碁というものを知り、佐為のために代わりに碁を打っているうちに、自身も碁に対して関心を持つようになる。早い段階から碁の才能を覗かせており、佐為だけでなく数々のトップ棋士からも注目される存在になっていった。

塔矢アキラ

本作品のもう一人の主人公で、ヒカルのライバル。名人である父を持ち、幼いころから囲碁の英才教育を受けている。
同年代に対等に戦える存在がいないことに燻っていた時期に、佐為の指示で打っていたヒカルに敗れ、ヒカルを強烈に意識するようになる。

登場しそうな名シーンは?

今一度…現世に戻る───

ヒカルと佐為が初めて出会ったシーン。ヒカルの碁という作品はここから始まり、様々な物語を生み出していった。

登場しそうな必殺技は?

神の一手

佐為が追い求めた究極の一手。具体的に神の一手というものが何なのかは明言されていないが、最善手を越えた奇跡とも言える一手なのではないかと思われる。佐為はこれを極めるためだけに死後も霊となって碁を打ちたいと願った。

まとめ

対局シーンが漫画映えしない、若い層に馴染みの薄いジャンルという厚い壁を壊し、大ヒットばかりか囲碁ブームまで巻き起こした作品です。
作画を担当されているのがDEATH NOTEでも作画をされている小畑健先生なので、作中にも美麗なコマが度々登場します。参戦した際にはどのような演出で美麗なコマが再現されるのか、今から楽しみですね!
【事前登録】ヴァイタルギア
美少女×3D車体リアルタイムGVG!
人気web漫画『ヴァイタルギア』がスマホゲーム化!!
最大20対20で行われるリアルタイムのギルド戦や、3Dギアによる迫力満点のバトルは必見!
事前登録で総額100万円相当のプレゼントが当たるキャンペーンも実施中!
まずは公式サイトをチェックしよう!


只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪

関連記事

コメントを書く

コメントを残す



このページのトップヘ